デザインは誰にでもできる – 佐野研二郎のデザイン論【書評】

   

7日でできる思考のダイエット / 佐野 研二郎 を読んでみた!

Amazonの評価は最低ランク。書かれていることはよくあるビジネス書の応用だが、それをデザインという世界の中でロジカルに説明しているところが良い。「君の名は。」のプロデューサー川村元気との対談も良き。僕はこの本でしか彼を知らないけれど、佐野研二郎氏は人に好かれる性格の人なんだろうと思う(人に愛されない人間がオリンピックのエンブレムという大きな舞台での癒着なんかできやしないだろう)。

7日でできる思考のダイエット / 佐野 研二郎

http://amzn.to/2mWzier

デザインはロジック

デザインというと芸術作品だから、直感だとか才能が物を言う世界なのだと思いがちだが、ここで語られていることは完全にロジック。佐藤可士和さんと言ってること似てるな〜と思っていたら二人は師弟関係で、さらにどちらも多摩美の先生。説明のわかりやすさも似ている。読書しない人向け。盗用問題のことは知らないけれど、人柄も含め消えるには惜しい人やね。

この人の作品は有名なものが多いし、イラストに関して言えば、素人目に見ても佐野研二郎っぽさがわかるのにエンブレム問題が出てくるまでまったく一般にフィーチャーされなかったところを考えると(僕が疎かっただけかもしれないけど)デザイナー(厳密にはアートディレクター)に対する世間の評価はかなり低いように感じる。なんかいろいろもったいない。

とは言え、ネットアングラにおいてはイラストに始まるデザインは人気があり個人でやっている人も少なくないわけで、今の学生達がお金を持ち始める数年後にはバブルが起きてもおかしくはないのではないか。いや、その前にロボットがやってきてデザインの自動化か。うーん、書ききれないなぁ。

 

デザインに関しては話したいことがたくさんあるので、この本の書評はわかりませんが、話は続きます。本書は面白かったので、個人的にはけっこうおすすめです。

7日でできる思考のダイエット / 佐野 研二郎

http://amzn.to/2mWzier

では、また^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
読書と音楽とお喋りが好きです。Twitterで更新情報を発信してます^^

 - アート・デザイン, 書評 , , , , , ,