「 書評 」一覧

ハルキストは面倒臭そうだけど、村上春樹はやっぱり面白い。

ハルキストは面倒臭そうだけど、村上春樹はやっぱり面白い。

久しぶりに村上春樹のエッセイを読んでいるのだけれど、この人は文章もうまいし視点もユニークで興味深いなぁと感心させられています。いや、前からそ...

記事を読む

仕事が楽しくなる心理術。『ゲームとゲーミフィケーションのあいだで』レビュー解説

仕事が楽しくなる心理術。『ゲームとゲーミフィケーションのあいだで』レビュー解説

こんちは!有言実行男のちょっぺ〜です。今日は公約通り、ゲーミフィケーションに関する本の読書レビューをしていきますね。 というわけで前回...

記事を読む

デザインは誰にでもできる – 佐野研二郎のデザイン論【書評】

デザインは誰にでもできる – 佐野研二郎のデザイン論【書評】

7日でできる思考のダイエット / 佐野 研二郎 を読んでみた! Amazonの評価は最低ランク。書かれていることはよくあるビジネス書の...

記事を読む

支払う家賃を安くする魔法の税率設定と経済の仕組み

支払う家賃を安くする魔法の税率設定と経済の仕組み

こんちゃ!ちょっぺ〜です。今回は『家賃を下げる方法』ついて適当に話していきます。参考文献は『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」 [単行本(ソフトカバー)]』です。 こちらの本では、2ch創始者の西村博之さんと堀江貴文さんが様々なジャンルに渡って興味深い話を聞かせてくれています。大体なアイディアと社会の構造に関する知識がつくと思います。 いまの日本は土地の値段や家賃が高いと言う人がいる。都内では賃上げを要求するデモを開いたり、家賃を下げさせるデモを行ったりしているみたい。これは人口数のわりに快適な環境が整っている土地が少ないのがひとつの原因だろうと思う。田舎に行けば、一応それなりに安い土地はあるのだけれど、リフォームする必要があったり都会で使えるシステムが行き渡っていないという問題点がある。だからみんな、交通の便が悪く店も少ない田舎で暮らすよりは、都会で暮らした方が何かと面倒なことが省けるから人口が集中するということが起きてしまう。

記事を読む

スピーチを上達させたいなら、これ読んどけ。スピーチの必読書

スピーチを上達させたいなら、これ読んどけ。スピーチの必読書

こんちゃ!ちょっぺ〜です。今回は『思いが伝わる、心が動く スピーチの教科書 [単行本(ソフトカバー)] / 佐々木 繁範』を簡単に解説しながらおすすめ部分を紹介していきます。 まず読んでみての率直なわたしの感想ですが、面白い!スピーチを学ぶにはおすすめの一冊といった感じです(スピーチの本は他にはあまり読んだことがないけど笑)。 と いうのも本書ではスピーチをするときの話し方だけではなく、原稿の書き方や聴衆とのコミュニケーションの仕方など、スピーチをする準備の段階からアドバイ スをしてくれている上に、本番の行動の仕方から質問時間のうまい使い方まで、スピーチのすべてを網羅してくれていると言っても過言ではないくらい素敵な仕 上がりになっているからです。そんなわけで本書はとっても役立つスピーチの本です。その内容はタイトルにまったく負けていません。これぞまさに、ザ「ス ピーチの教科書」という感じです。スピーチの能力を高めたいのなら必読の一冊だと思います。

記事を読む

初心者でもまとめサイト作りたいなら『ライブドアブログ&まとめブログ Perfect Guide Book』

初心者でもまとめサイト作りたいなら『ライブドアブログ&まとめブログ Perfect Guide Book』

ツールの発展とノウハウの無料公開のおかげで、最近では、お小遣いを稼げるレベルのブログやまとめサイトはわりと簡単に作れるようになってきたのだけれど、一般の人はやはりまだ手を出さない人の方が多い。そういった情報を手に入れられない人もいるとは思うけれど、やっぱり社会的な体裁というか、知らないものに手を出して会社とか家族に迷惑がかかると嫌だなと思っている人が多いのかな? まぁ、こういう言い方をするとそういう人たちは健全だとか家族思いだとか思われる傾向があるけれど、心理学的に言えば、自分の身を守りたいだけなんですよね。あと面倒くさいとかまわりの人がやっていないものは怖いとか、そういう理由もあるかと思います。

記事を読む