ブルーライトを浴びた方がいいとき、いけないとき。超特急 / ゆず

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

一時期やたらに世間で嫌悪されていたブルーライトだが、これを浴びると人間の脳みそは活性化し集中力や判断力を高めるといったプラスの効果がある。

また朝目が覚めた時にはスマホの画面を見つめることで脳みそが覚醒し目覚めが良くなる。

日中の仕事や作業中にPCメガネ(ただの薄いサングラス)をつけると作業効率が下がるのでやめた方がいい。

とはいえ長時間PCやスマホの画面を見ると目が疲れてくる。目が疲れてくると脳みそは活動を停止させようとするので、ある程度時間が経ったら画面の輝度を下げるといい。PCメガネは無駄な出費なのでわざわざ買う必要はない。機器の輝度・明度を下げるだけで事足りる。アプリを使ってもいいけれどそれを探す時間が勿体無いので手元のボタン一つでブルーライトを調整した方が話が早い。

ちなみにブルーライトだけど、正体はただの青い光。当たり前だが太陽光にも含まれているので日光浴をしていても浴びる。要するに太陽が出てる間は、真っ暗な部屋の中に引き困っていない限り、何をしてても人間はブルーライトを浴びるようになっているので過剰にビビる必要はない。

ブルーライトを気にする必要があるとすれば夜、寝る前である。ブルーライト(というか明るい光)を見ると脳みそが活性化し睡眠に入るためのメラトニンというホルモンも分泌されなくなるので眠れなくなる。

しかし、夜はブルーライトを抑制するというよりはそもそもPCやスマホやテレビ等の画面を見てはいけないのでブルーライトどうこうっていう次元の話じゃない。これはむしろ生活習慣の問題である。

まぁ、ただ最近はブルーライトって言葉自体あまり聞かなくなったからこれをそれほど気にしてる人はいないかもしれないですね。でも夜だけは気にした方がいいですよ。眠れなくなると体すべてに悪影響が出て来るからね。

ほな、またね〜^^

●今日の音楽。『超特急 / ゆず』

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
読書と音楽とお喋りが好きです。Twitterで更新情報を発信してます^^