大学生あたりの男子の食事あるある。春の歌 / 藤原さくら スピッツ

未分類

気づいたらお腹が鳴っていてすごくお腹が減っているということが、作業に没頭しているとよくあることだと思うのですが、お腹が鳴るまで空腹が続くとご飯を食べたいという欲求がなくなってしまうんですよね、僕の場合。

でも

 

「ぐぅ〜」

 

「ぐぅううううう!!!」

 

ってうるさいから、これなんか食べなくちゃいけないやつなのかな?って思っていろいろと食べるものを考えるのですが、別に何にも食べたくないんです。

ひょっとしたらこれは男の子あるあるなのかもしれません。僕の知り合いのガリガリくんもご飯を食べるのが面倒臭いようで体型がガリガリしちゃってますから。

でも一方で男の子はすごーく、よく食べますよね。実は僕も「よく食べるね」って言われる方なんです。別に食べ貯めているというわけではないのですが、食べることは好きだし誰かと一緒に食事をとるのも好きなので、友達からは”よく食べる人”という印象があるようです。

たしかに食べることは食べるのだけど、食べ物を見つける作業が苦手なので食事を後回しにしがちになってしまうのです。特に最近は”食べたいもの”が見つからないんです。僕の中では食事は生きるために必要なことというよりも、もっと余計な、エンターテイメントというような要素が強いんですね。要するにお腹が空いたから食べるのではなく、食べたいものが目の前にあるから食べるという感じです。

もちろん、一日中そんな感じだったらデブデブの実を食べて全身デブになったデブ人間になってしまうのですが、エンターテイメントというのは遊びであり、遊びであってもやはり飽きというものはくるし胃袋の限界もあります。何より先に言った通り、”食べたいもの”が見つかりません。

この食べたいものというのは、「手頃な食べたいもの」です。手頃じゃない食べたいものはいっぱいあります。食べること自体は大好きですから。その手頃じゃない食べ物から場所や経済的な制約を省いたときに「手頃な食べ物」が現れるのですが、それが全然見つからないんです笑。

 

ちなみに前回バンプの話をするとうそぶいて終始楽しそうに話していた「ナポリタン」ですがこちらは手頃な食べ物です。しかし、糖質制限している身からしますと堂々と食べるわけにはいかない食べ物でもあります(パスタは糖質がめちゃ高いのです)。

まぁでも、お腹が空いたら糖質だろうと何だろうと食べますけどね笑。

というわけで、カプセル型の食料など簡単に栄養補給できるものが開発されたらそれで食事を済ませてしまおうと悪巧みをしている、ちょっぺ〜でした。

いやでも、それだと顎がどんどん退化して顔がすごい変わってしまいそうですね。。

 

というわけで、ご飯、食べますw みんなも食べようw

ほな、またね^^

 

●今日の音楽。『春の歌 / 藤原さくら スピッツ』

https://www.instagram.com/kruchoro/

気が向いたら、フォロミー^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.

kruchoro

読書と音楽とお喋りが好きです。Twitterで更新情報を発信してます^^