べんきょうちゃんの勉強ノート

勉強したことを紹介しつつ、ビジネス、社会問題について話します

医療崩壊は起きる?日本医師会がオンライン診療に反対していた理由

日本で医療崩壊が起きる可能性はかなり低い

日本で今後医療崩壊は起きるのかどうかですが、それは医療業界と政治家たちのリーダーシップ次第といったところです。医療現場は切迫していると言われますが、この状況にはからくりがあります

 

新型コロナウイルスの感染者が入院する感染症病棟や指定の病院は非常に多忙な状態でも、それ以外の病院では感染を警戒して外来患者が減っているという状況が起きています。

 

つまり他の医療現場で仕事の減った医師が、ホテルに移った軽症者の問診や診療を行えば、医療崩壊が防止でき、大きな負担を抱えている感染対策チームの労力を減らすこともできます。

 

オンライン診療で医療従事者の負担を減らせる

さらにこれに加えてオンラインによる遠隔診療が導入できれば、病院にコロナウイルス感染の自覚症状がない患者が紛れ込む危険性を減らすことができ、さらなる院内感染を防止することができます。

 

最初からオンライン診療が認められていれば、新型コロナウイルスが日本でここまで拡散しなかった可能性は高いです。これは日本の新型コロナウイルス感染者の多くが院内感染で増えてしまっている点から言えることです。

 

つまり、院内感染を防ぐことができれば感染者数はさらに減らすことができたのです。

 

オンライン診療が導入されてこなかった理由

しかし、日本医師会は以前からオンライン診療に反対していました。その理由は中小規模の診療所が潰れてしまう可能性があったからです。

 

日本医師会の執行幹部には中小病院や診療所のトップが多く、自己の利益に関わるのでオンライン診療の導入に後ろ向きだったのです。

 

テクノロジーの導入が遅れることで結果として多くの被害を生んでしまったと言えます。

https://twitter.com/ecochoro/status/1254558695041593345

👉よかったらツイッターのフォローをお願いします🙇‍♂️