べんきょうちゃんの勉強ノート

勉強したことを紹介しつつ、ビジネス、社会問題について話します

山中伸弥教授の5つの新型コロナウイルス対策がわかりやすい

新型コロナウイルス対策

iPS細胞の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授の「新型コロナウイルス対策として政府に求める5つの提言」が良い感じなのでシェアします。

1大都市での厳格な移動制限

・制限を続けても第1波の収束に3カ月かかると予想
・非必須の経済活動停止
・厳密な自宅待機、一斉休校など

2感染者の症状に応じた受入れ体制の整備

・無症状・軽症状者専用の仮設病棟をホテル等に設置
・ストレスの軽減や無症状者の自治的活動などに活用
・急激な重症化に備えて医師は常駐
・重症者・重篤者用の感染病床の増床、人工呼吸器の増産
・医療従事者の過重労働の軽減

3徹底的な検査

・現在の限定的なPCR検査を状態では、無症状感染者からほかの人への2次感染のリスクが高い
・無症状や軽症の感染者の急増による医療崩壊は、提言2が実行された場合は回避できる

4国民への協力要請と適切な補償

・自粛期間はワクチンや治療薬が供給されるまでの長期戦になる
・経済活動停止・休業等への補償、給与や雇用の保証をする

5ワクチンと治療薬の開発に集中投資

・他国で開発されたものは供給が遅れたり高額になる可能性がある
・アビガン等の既存薬は副作用の懸念がある

仮設病棟の拡充と自治活動で医療負担を下げる

法的な問題があり、日本ではアメリカやヨーロッパのような強権的な処置は取れないので、ほとんど国民の善意頼みになるかと思います。

そこで生活の保証を最初にすることで非必須の経済活動を適切に停止し、また無症状・軽症状のボランティアを募ることもできるかと思います。

場合によっては、仮設病棟はお泊りみたいで楽しいかもしれません。ジムも使えるので免疫力が上がって回復も早まるでしょう。

オンライン事業・教育の支援で経済活動を止めさせない

個人的にはオンライン事業・教育の拡充をして、なるべく経済活動を停止させない努力もすると良いと思いますね。

医療崩壊を食い止められるかが重要

とにかくめちゃくちゃお金が吹っ飛びますが、今は感染を遅くして医療崩壊を食い止めることが先決でしょう。現在の医療現場がどのような状態なのかはよくわからないので、どこまで負担できるのかは未知数ですが。

不況でホテルなどの場所やドライバーも確保できるので、集中している患者を分散して医療従事者の負担もまずは軽減できるようになるかと思います。

また地方自治体が状況に合わせてそれぞれ適切に対応できるように支援もすると効果が大きくなると思います。

今回のような未曾有の状況になったときには、やはり法と政治の問題が重要になりますね。

個人的にはお金を給付するよりも不動産や電力会社等にお金を配って一定額のお金を国民に請求しないというのはどうかなと思いましたが、お金を配る方がおそらく簡単ですね。

👉よかったらぜひツイッターのフォローをお願いします🙇‍♂️